借家は田舎を探すべし

田舎でゆったり生活するという暮らし方が注目されています。
若い夫婦でも職場は都市部、でも暮らしは田舎という生活を楽しまれている方が少しずつ増加しています。
子供が生まれた時、都会のごみごみした中で子育てするよりも、少々通勤に面倒があっても空気のいいところで子育てしたいという人も多いです。

また地域によっては、田舎で暮らす人のいなくなった民家を借家として貸し出す、また提供して若い世代、またリタイアした世代に移住してもらおうという活動も、様々な地域で行われています。
田舎暮らしに興味がある夫婦、ご家族などまずは見学に来てもらい、田舎の暮らしとはこういうもの、というイメージを持ってもらい借家からスタート、田舎暮らしが気に入ったら戸建住宅を購入してもらうとか提供する等、人を田舎に呼ぼう、移住して定住してもらい生活してもらおうという取り組みを行っているのです。

都市部に人口が集中している、という状態は長く継続しています。
都市部以外、少し離れているくらいでも、地域によっては昔とは比べ物にならないほどの閑散とした商店街になっています。
田舎に行くと子供の姿を見ることもなく高齢の方々ばかりが目につきます。
若い人が田舎暮らしに興味をもって移住してくれるのなら、利用していない住宅を利用してほしいと提供してくれる人も少なくないのです。

住宅は人が暮らさなくなるとどんどん傷みます。
そうなるよりも借家として貸出、家賃を得ることはもちろんのこと、住宅の為にも賃貸として利用してもらう事を決意する方も多いです。
当サイトでは、借家は田舎の方が多くなっている現状と魅力的な暮らしについてお知らせします。
田舎暮らしに興味がある方のお力になれたら幸いです。



◆管理人特選サイト
借地権について旧法と新法の違いを詳しく知り売買の相談ができます …… 借地権 旧法